トップページ > YAC通信 > YACからのお知らせ

YAC通信

YACからのお知らせ


karuta.jpg

sugoroku.jpg



1.宇宙開発カルタ

国分寺市は、1955年4月12日、日本初のロケット発射実験が国分寺市で行われたことから、
「日本の宇宙開発発祥の地」をまちの魅力として発信しています。
2016年に国分寺市の取り組みに(公財)YACが協力し製作した「国分寺発祥 宇宙開発かるた」は、『ぼくがHTVです―宇宙船「こうのとり」のお話』の著者ひさまるちゃんのイラストとなっており、裏面は解説が書かれています。
楽しみながら宇宙開発の歴史を学べます。

【内容は、製作時の2016年現在のものとなっています。】

 A4サイズ版とA3サイズ版をご用意しています。
両面印刷をされるのが便利ですが家庭用プリンタでは、表面と裏面の切り取り線がずれてしまう場合もあります。多少ずれてもカルタをするのに不便ではありません。
片面印刷をされる際には、表面と裏面を貼り付けたり、裏面の解説は切り分けずに資料として使うなど工夫をしてみてください。


A4サイズ版
取り札1 k karuta tori1 A4.pdf(10.3MB)
取り札2 k karuta tori2 A4.pdf(13.9MB)
読み札1 k karuta yomi1 A4.pdf(10.5MB)
読み札2 k karuta yomi2 A4.pdf(4.23MB)

A3サイズ版
取り札1 k karuta tori1 A3.pdf(9.2MB)
取り札2 k karuta tori2 A3.pdf(12.0MB)
読み札1 k karuta yomi1 A3.pdf(10.7MB)
読み札2 k karuta yomi2 A3.pdf(4.49MB)



2.すごろく「めざせ宇宙飛行士レース】

"宇宙(そら)のとびら"(通称:ソラトビ)は、全国の宇宙教育活動の紹介や、宇宙教育の素材となる宇宙開発や天文、宇宙につながる情報を青少年向けにわかりやすく編集した冊子です。

 宇宙(そら)のとびらは年4回発行しており、日本宇宙少年団の団員にお届けしています。
2013年冬号では、宇宙兄弟のキャラクターが登場するすごろくを掲載しました。


------------------------------------------
宇宙(そら)のとびら 第22号(2013年冬号 -022-)
【特集】六太と日々人に続け!めざせ宇宙飛行士レース・・・他


【内容は、製作時の2012年12月現在のものとなっています。】

「宇宙(そら)のとびら」について

---------------------------------------------



11月10日11時頃、東京・晴海ふ頭を出港した南極観測船「しらせ」は、12月25日(火)現地時間14時25分(日本時間20時25分)、昭和基地の沖合約500mの定着氷に到着し、昭和基地接岸(基地に桟橋はないため沖合の定着氷接岸)を果たしたそうです。

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所ウエブサイト

昭和基地の「しらせ」はセンチネル2データでみることができます。


詳しい説明 eiseinews181228.pdf (1.25MB)

---------------------
宇宙ホンモノ体験「衛星データ」の情報をまとめたページはこちらです。

2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)まで、財団事務所は年末年始休所とさせていただきます。 

ヒストリーチャンネル(スカパー!、J:COM、ケーブルテレビなどで放送中)の
「ザ・バイオグラフィー」に松本零士理事長が出演します。ぜひご覧ください。


ヒストリーチャンネル
【ザ・バイオグラフィー「松本零士」】

放送時間 2018/12/22(土)20:00〜
     2018/12/23(日)10:30〜
     2018/12/29(土)09:35〜
     2018/12/31(月)13:00〜

--番組情報(番組HPより)-----------------
ザ・バイオグラフィー 「松本零士」
今回は70〜80年代一大ブームを巻き起こした漫画家であり、世界のアーティストに絶大なるインスピレーションを与え続ける「松本零士」にスポットをあて、彼が生き抜いた戦中戦後の日本の歴史と絡めて、ジャパニメーションの礎となった彼の人生の重みと現在に迫る。

【出演者】
JAXA 星出彰彦 宇宙飛行士、漫画家 ちばてつや先生
東京都観光汽船 守谷氏(エメラルダス号 http://www.suijobus.co.jp/ship/emeraldas/) 
奥様・牧 美也子先生との非常にレアな2ショット など

----------------------

YAC九州地区ブロック協議会より、中高生向けの活動のご案内です。
中高生であれば、他地区に住む団員さんや入団検討中の方もご参加いただけますので、
ぜひご参加ください。

----------------------------------------------------------------
YAC 中高生宇宙基礎講座 の御案内

中学生・高校生のYAC 団員の皆さんへ

YAC 九州地区ブロック協議会では,部活等で日頃は活動に参加することが難しい皆さんや,
日頃のYAC活動についてさらに深く学習したい皆さんのために,中学生と高校生
の皆さんを対象とした宇宙基礎講座を毎年1回開いています。

今年は,その第4回として以下のように開催します。

主催:YAC九州地区ブロック協議会
日 時:2018 年12 月22日(土) 10:00~16:20 (9:30~受付)
場 所:九州大学大学院工学研究院航空宇宙工学部門
航空宇宙工学部門セミナー室1(ウエスト4 号館816 号室)
(〒819-0395 福岡市西区元岡744 番地 電話 092-802-3050(麻生 福岡分団
長))
主な内容(予定):
 ・飛行を科学する 施設見学を含む
 ・衛星軌道を知ろう,歳差運動,分光,偏光の実験をしよう
 ・地球観測衛星データで探求しよう
 ・簡易反射体でだいち2号に写ろう 他
参加資格:中学生・高校生(但し、九州地区ブロック(九州・沖縄)に在住のYAC 団
員等(サテライト団員を含む)及び他地区のYAC団員やこれからYAC 入団を検討し
ている人)
参加費 :1,000円(印刷費・実験材料費・保険代実費)
持参物:ハサミ、30㎝定規、分度器、ビニールテープ、筆記用具。
 持参できる場合はWindowsノートパソコン(Windows7,8,10のいずれか)
  (持参できなくても活動できます).
※参加者全員分の電源を確保できません、必ず充電してお持ちください
※実習用デモ機の用意はありません。
昼食について:昼食は持参いただくか、大学内の食堂を利用してください。


申込方法:YAC福岡分団事務局宛て、
電子メールにて申込み(分団や学校単位で一括申し込みでも可)
メールアドレス  asospace@ab.auone-net.jp

題目(Subject)に『中高生宇宙基礎講座参加』と入力し
本文に次のことを入力してください

 1.氏名(よみがなを( )に書いてください)
 2.団員番号(ある人のみ)      
 3.所属分団(分団に属していない人は不要です) 
 4.住所 
 5.自宅の電話番号 
 6.所属学校・学年・年齢・性別(保険加入のため必要です)

なお、必ず保護者の許可を頂いて申し込むようにしてください.

申し込み締め切り:12月14日(金)23:59

----------------------------------------------------------------

EISEI 0.8.3 をリリースします。
EISEI 0.8.3 は、ここからダウンロードできます

新機能(マークを他の画像に反映)について、練習用の衛星データとともに
詳しく説明しています。

詳しい説明 eiseinews181016.pdf (846KB)

---------------------
宇宙ホンモノ体験「衛星データ」の情報をまとめたページはこちらです。

  あの「だいち」のデータを活用しよう。
「だいち」データ(AVNIR-2限定)は、JAXAサイトに登録をすれば、無料で利用できるようになっています

詳しい説明 eiseinews180921.pdf (999KB)

---------------------
宇宙ホンモノ体験「衛星データ」の情報をまとめたページはこちらです。


今年の夏は、火星が地球に接近する、火星大接近と呼ばれていますね。

火星の接近とはどんなこと?観察するときにはどんなことを気にすればよいの?
さらに、他の惑星の観察についてや、火星探査について、
また、自由研究や工作への取り組みなどについて、紹介しているウェブページをご紹介します。



国立天文台の「火星大接近2018」のページ
では、

・火星の接近とは
・いつ、どこに見える?
・望遠鏡での観察のポイント
・火星のペーパークラフト

などを知ることができます。

また、
PAO Navi (全国プラネタリウム&公開天文台情報)
では、
全国の観望会情報などを知ることができます。

YAC団員の皆さんには郵送でお送りしている、
「宇宙(そら)のとびら 44夏号」
では、特集ページで、火星探査の最前線について紹介をしています。
また、そらとび天文台のコーナーでは、惑星の動きの観察方法や、観察記録をつけるための記録シートなども紹介されています。


「月探査情報ステーション」で紹介している「夏休み 自由研究・工作お助けページ 2018」
では、4つのテーマについて紹介しています。ぜひ参考にしてみましょう。
・ 「はやぶさ2」と小惑星について調べよう!
・ 話題の火星大接近を見逃すな!
・ 火星大接近、といえば火星探査もお忘れなく
・ やっぱり工作といえばペーパークラフト!
   
その月探査情報ステーションで立ち上げた、火星大接近に関するページです。
「2018年 火星大接近!」


お薦めの本
『惑星MAPS ~太陽系図絵~: もしも宇宙を旅したら もしも宇宙でくらせたら』

公益財団法人日本宇宙少年団の職員のユニット「宇宙兄さんズ」の著書
『惑星MAPS ~太陽系図絵~: もしも宇宙を旅したら もしも宇宙でくらせたら』
が誠文堂新光社より発売中です。惑星を旅しながら、楽しく学んでいく本になっています。 


  

2018年夏のスペースキャンプ事業は、下記の日程で予定をしています。
詳細、申し込み方法などはそれぞれのリンク先でご確認ください。

8月2日(木)~6日(月) 種子島スペースキャンプ

8月6日(月)~9日(木) つくばスペースキャンプ2018
https://www.yac-j.or.jp/tsukuba-2018/

8月23日(木)~25日(土) 銀河教室inつくば
(詳細、申し込み方法についてはしばらくお待ちください)

第5回反射体を設置して「だいち2号」に写ろうの募集を開始いたしました。
全国のYAC分団の他、科学館や学校などの団体もお申込みいただけます。
詳しくは、宇宙ホンモノ体験「衛星データ」のページをご確認ください。
http://www.yac-j.com/hq/info/2016/05/post-56.html

目次